外資系の求人

自分の能力に自信があるのであれば、外資系企業への転職というのは、かなりお勧めできます。はっきりいって、かなり稼ぐことができる可能性がある求人、仕事だからです。日本でもそこまで珍しいものではなくなりつつありますが、ストックオプションなんかはお勧めできます。これで上手くすると相当稼ぐことができる可能性が高くなります。

もちろん、普通に年俸制で高い給料を貰うことができるものでもあります。日本の企業のように転職者であっても給与形態にはめ込もう、というわけではなく、その人にあった給料を支払う、ということが多いのです。ベースアップというものがありませんから、そのあたりは覚悟しておくことです。要するに一律で上げる、ということをしないのです。人によって変えるわけですから、能力次第で稼ぐことができるわけです。

逆に成果が上げられなかった場合は、下がることになります。下がるならばまだしも解雇、ということもあります。日本の雇用のようにしっかりと守られているわけではありませんから、そこは理解しておくことです。

しかし、だからこそ、稼ぐことができる、という側面があるわけです。自分に自信があるのであれば、そうした求人に応募してみるとよいです。転職

求人について

最近では転職の求人といっても国内のものではなく、海外の企業のも増えています。つまりは、日本から出て行く、ということです。日本は非常に経済的に恵まれたところではあるのですが、それでも労働者の報酬というものは、突出しているわけではなく、能力がある人でも安い賃金で働いていることが多い国でもあります。

ですから、自分の能力が高いと思っているのであれば、海外の企業に転職することをお勧めします。完全に能力次第で稼ぐことができるものですから、非常にお勧めできます。しかし、日本の雇用のように安定しているわけではありませんから、そのあたりはしっかりと理解しておくことです。また、当然のことですが、海外で働く、ということは向こうに住む、ということになります。

妻子がいる場合はそのあたりのことも相談してからにしたほうがよいです。

独り身であればまったく問題ないことではありますが、家族がいる場合はどうしてもそのあたりのことを考えておく必要があります。しかし、高い報酬というものは、非常に魅力的です。

今は外資企業限定の求人サイトなんかもありますから、そうしたところを活用して、よい仕事を見つけることです。とにかく自分を高く買ってくれるところにいくのです。転職

転職の交渉

せっかく転職をするのであれば、多くの人は年収アップを実現したいとお思いでしょう。ただ、求人企業は、必ずしも満足ゆく年収を提示してくれるとは限りません。そこで、年収アップのための交渉のポイントをお伝えします。

まず、年収交渉のタイミングです。一次面接など早い段階で聞かれることがありますが、そこでは希望をさらっと伝える程度にとどめておきましょう。この段階で、強気の提示をすることはネガティブに働きます。理想的なタイミングは、内定が出てからか、ほぼ内定という話が出てからです。求人企業はすでに「採用したい」というモードに入っていますから、年収交渉が容易なのです。

しかし、交渉に入る前に、実は準備が必要なのです。それは、それまでの転職活動すべてです。あなたがいかにその会社に貢献できる可能性があり、人物的にもマッチしていることをアピールできているかが、交渉の成否を分けます。求人情報などから、企業がどんな人物を求めているか、どんな仕事を任せたいかを読み取り、それができることをアピールしてポイントを稼いでおくのです。この仕込みがあってこそ、交渉力が高まるのです。

実際の年収交渉のタイミングは、最後。でも、それまでのプロセスが年収交渉の布石になっていることを認識しておきましょう。

Just another WordPress site